元校長が伝授!子どもに「早寝早起き」習慣を身につける方法

HgKm

楽しい小学校生活のカギとなるのが、毎日の生活習慣です。「早寝早起き」と「時計を見て行動」の生活習慣は、入学までにぜひ身につけておきたいものです。

教育委員会に長年勤務し、千葉県の市立小学校などの校長を歴任。現在は「楽しい学級・学校づくり研究会」会長を務めるとともに、学校法人 塩田学園 ひまわり幼稚園 副園長として活躍されている深浦喜久雄先生にうかがいます。


HgKm0216#11.なぜ早寝早起きが必要?

早寝早起きができている子は、できていない子と比べると、学校生活で大きな「違い」が出てきます。早起きしないデメリットについても紹介します。

HgKm0216#22.実践編

どのようにして子どもに早寝早起きを身につけさせるか、その方法を具体的に紹介します。

HgKm0216#33.時計を見て行動できる子に

時間を考えて行動するという意味では、「時計を見て行動」することは「早寝早起き」とも密接な関係があります。子どもが時計を見て行動できるようになるたためのノウハウをご紹介します。

監修:深浦喜久雄先生
教育委員会に長年勤務し、千葉県の市立小学校などの校長を歴任。現在は「楽しい学級・学校づくり研究会」会長を務めるとともに、学校法人 塩田学園 ひまわり幼稚園 副園長として活躍中。

注目記事

自由研究はいまからでも間に合う! 1日でできる科学実験

むし歯になりやすい小1の子ども むし歯予防3つのポイント

実例で参考になる!先輩・小学1年生は夏休み自由研究で何を作っている?

「読書感想文」が書きやすくなる! 小1の本選びポイント3つ