学校は半分くらい行けばいい 『毎日かあさん』で人気の漫画家・西原理恵子さん

西原理恵子さん・KRO_0616

みんな一年生だった

『毎日かあさん』『ぼくんち』『女の子ものがたり』など、数々の作品を世に出している漫画家の西原理恵子さん。独特の視点から描かれる子どもや親子の姿に、多くの方が感銘を受けています。

また、小学生限定の新人公募文学賞「12歳の文学賞」の審査員も長らく務めていらっしゃいます。他の先生方とは一味違う選考の視点が毎回話題になっています。

そんな感性を育んだ、小学1年生時代はどんな子どもだったのか、お話をうかがいました。

【関連記事】

『小学一年生』編集者あるある4つ カメラを向けられると全ての穴が広がります
『小学一年生』編集部員が日々つぶやいているツイッターで、下記のツイートが大きな反響をいただいています。 毎日、「小学一年生です!」と電...
「親の仕事」は子どもが16歳で終わり 『毎日かあさん』の人気漫画家・西原理恵子さん
毎日新聞朝刊で『毎日かあさん』を連載中の漫画家・西原理恵子さん。作中では、息子さんや娘さんとのさまざまな日常を綴っています。 ...

■1年生からいきなり居残り

もう1年生から、勉強に乗り遅れてましたね。数字の概念がなかなか分からなくて。足し算引き算がどうのとか、10から上の数字がどうのとか、全く理解できなかった。いきなり居残りさせられたのを覚えてます。

あと、当時住んでいたところが田舎でものすごくすさんだ地域だったんです。親子三代で泥棒だとか、不良がどこかの神社に火をつけたとか、お父さんがお母さんを殴る、お母さんが子どもを殴る、家庭内暴力も当たり前…みたいなところ。クラスの男の子たちもすごく乱暴で、ケモノみたいだったのを覚えてます。

(手元にある『小学一年生』誌面のモデルを見て)自分も含めて、こんな華々しい感じの子は、決していなかったですね(笑)。

■女子グループに入り忘れる惨事

小さい頃からみんなと集団行動ができなくて、想像というか妄想ばっかりしてるような子どもでした。気づいたらボーッとしてて、先生の言うこともちっとも聞いてなかったので後で慌てることが多かったです。

そんな子どもだったので、女子グループに入り忘れるという事態が起きまして。これはわりと惨事でしたね(笑)。女子って早くにグループ化するじゃないですか。気がつくとすでに手遅れで「あ、グループできてるじゃん」みたいな。まあ、かえってすごくイヤなグループに無理矢理いなきゃならないってこともなかったんで、そこはよかったんですけど。

勉強と同じくらい運動も苦手でした。これまた団体競技ができない。例えば大縄跳びなんかやるときは、クラスの男子から「西原いるからダメだな」なんて言われちゃう。なので、自分よりドン臭いやつが先に失敗してくれないかな〜、なんて祈ってました(笑)。

上は見ず、下を探す。これは自然と身についた術で今にも活きてますね。

■人間が柔らかいうちにイヤな目にあっておく

学校は大っ嫌いでしたね。怖くて仕方なかったです。勉強も運動もできなかったし、背が低くてブサイクだったし。 学校って、今も昔も、社会のすべてのストレスの縮図になっているところがありますよね。

私は「学校は行きたくなければ行かなくていい」って考えなので、今の子どもたちも、無理してまで行くことないなって思うんです。他にゆっくりやりたいこと見つけて、それこそもっと大きくなってから、大学で自分のやりたい勉強だけすればいいんじゃないかな。本来、自分の好きなことじゃないと勉強って続かないですからね。

まあ、小学1年生の親御さんは、そのくらいの気持ちでのんびりと構えてみてはどうでしょうかと。出席日数の半分くらい行きゃ、進級させてもらえますから。

ただ、まだ人間が柔らかいうちにイヤな目にあうのも大事なので、学校で多少のイヤな思いはしておいても損はしないと思います。それでもあんなに毎日行く必要はなかったんじゃないかな〜といまだに思うので、まあ、やっぱり半分くらい行っとくか、くらいでいいんじゃないでしょうか(笑)

撮影/黒石あみ(小学館) 取材・文/川辺美奈子

第2回:「親の仕事」は子どもが16歳で終わり

「親の仕事」は子どもが16歳で終わり 『毎日かあさん』の人気漫画家・西原理恵子さん
毎日新聞朝刊で『毎日かあさん』を連載中の漫画家・西原理恵子さん。作中では、息子さんや娘さんとのさまざまな日常を綴っています。 ...

西原理恵子さん最新刊

西原理恵子さんの最新刊『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』(KADOKAWA)が2017年6月2日に発売になります。
娘が反旗を翻し、独立戦争が勃発中の西原家。巣立ちを目前に、西原さんから愛娘へ、どうしてもこれだけは語り継ぎたい母の教え。
「王子様を待たないで。お寿司も指輪も自分で買おう」など、心にしみるメッセージが満載です。

【関連記事】

西原理恵子先生からメッセージ 12歳の文学賞・審査員
「12歳の文学賞」が「12歳」をむかえるにあたり 世の中の出来事や流れがその年の作風に影響していましたね。次回は家族の幸せを大事にする...
『小学一年生』編集者あるある4つ カメラを向けられると全ての穴が広がります
『小学一年生』編集部員が日々つぶやいているツイッターで、下記のツイートが大きな反響をいただいています。 毎日、「小学一年生です!」と電...
コンドウアキさん【絵本作家インタビュー】いい気分で眠りについてほしい
「あなたのおふとんになりたくて」ーーー。 絵本「おふとんさん」は、おかのてっぺんにある大きな木の下で出会った、ぼくとおふとんさんと...
武井咲さんの両親への想い 「私のせいで人生を変えたからこそ」
実写とアニメで描かれるヒット映画『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』の実写パートに登場したことでも話題...
大ヒット小説『バッテリー』著者・あさのあつこさん 大人の世界に忍び込んだ小1時代のゾクゾク感
野球に打ち込む少年たちを描いた大ヒット作品『バッテリー』をはじめ、思春期の子どもたちを鮮やかに描き出す小説家のあさのあつこさ...
「理想の女性は母」 志田未来さんが母から学んだこと
今、活躍するあの人も、ピッカピカだった「小学一年生」時代がありました。そんな日々をじっくりうかがうインタビューのコーナーです...
ギョ歳のさかなクン 母はいつも「好き」を応援してくれた
いつも楽しいお魚トークを聞かせてくれるさかなクン。 魚に興味を持ったきっかけや、どんな子ども時代を過ごしたかなど、当時の思...

著名人の「小1」時代インタビューみんな一年生だった

西原理恵子(さいばら・りえこ):
1964年、高知県生まれ。高校を中退後、大検を経て武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。88年、週刊ヤングサンデー掲載の「ちくろ幼稚園」で漫画家デビュー。数多くの作品を発表し、文藝春秋漫画賞、手塚治虫文化賞短編賞など受賞。11年「毎日かあさん」では日本漫画家協会賞参議院議長賞を受賞する。小学館が主催する「12歳の文学賞」では毎年審査員を務める。娘に伝えたい語りおろし本、「女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと」(KADOKAWA)が2017年6月2日に発売予定。

170416_sho1_hyo01

知らないことを知るのって、気持ちいい!

やさしい文章とわかりやすいビジュアルで、お子さんの「ふしぎ」「どうして?」にこたえる、科学記事や生活体験記事がいっぱい。豪華なふろくと連動した記事で、楽しく遊びながら学ぶことができます。ドラえもんと勉強できる学習別冊「こくごさんすう まいにちドリル」も充実。1年生は、自分で本を読む楽しさに触れる時期です。『小学一年生』で、知らないことを知る気持ちよさを覚えて、本好きな子になってください!