東日本大震災 被災地の小学生 ~入学から卒業まで~

ph001

1.「津波太郎」の避難所にて

6年前の3月11日。東京の西に住む私は近所の駐車場で荷物の積み替えをしていた。突然、目の前のアスファルトが激しく波打った。すぐに家に帰りテレビをつけた。河川を逆流した黒い巨大な水の塊が、火のついた家屋を押し出しながらビニールハウスを飲み込む。次々と映し出される映像は想像をはるかに超え、911同時多発テロを思い出させた。

報道カメラマンの習性でどうすれば取材ができるか考えるが、あまりのショックに何も思いつかず、その日は早く寝た。

翌日、行けるところまで行ってみようと決心し、水・食料・ガソリン携行缶などを車に詰め込んで東北に向かった。

目の当たりにした津波の被害は「凄まじい」の一言だった。かつてアフガニスタン、イラク、パレスチナで戦場を取材してきたが、自然災害の破壊力は桁が違った。家・車・アルバム……、何もかもが容赦なく飲み込んで吐き出されたように散乱していた。その光景がどこまでも続く。

しかし、津波より1cmでも高いところにあるものはそのままだった。このわずかな差が命運を分けたと思うとやりきれない。夢中でシャッターを切った。

ph002

岩手県宮古市田老町に入ったのは震災から3週間後だった。古くから津波の被害が多く「津波太郎(田老)」の呼び名もある、人口5000人にも満たない小さな村である。

この避難所で私は2人の子どもたちに出会った。前田九児(きゅうじ)くんと濵崎陽世(ひとき)くん。小学校入学を3週間後に控えた6歳の男の子たちは、避難所の体育館で、疲労の色濃い大人たちの間を元気に走り回っていた。そのとき撮影した写真は、2011年の「小学一年生」と「入学準備号」に掲載され、多くの反響があった。

今春2人は卒業式を迎える。あれから6年、私は毎年田老町を訪れ、子どもたちの成長を追い続けてきた。被災された人々の傷ついた心は充分に癒されたのか、小さな漁村はどれほど復興したのか。被災地の小学生が過ごしてきた6年間を報告します。

ph003

>> 2.古くて新しいランドセル

小一01

小一02

▲「小学一年生」2011年6月号掲載記事

小1準01

小1準02

▲「入学準備 小学一年生」2012年入学直前号掲載記事

片野田 斉(かたのだ ひとし):
報道写真家。1960年生まれ。明治学院大学卒業後、週刊誌、月刊総合誌を中心に活躍。
2001年9月11日の米国同時多発テロ事件に衝撃をうけイスラマバードへ。以降パキスタン、アフガニスタン、パレスチナ、イラク、北朝鮮などを次々に取材。ニューヨークに拠点を置く世界的写真通信社「Polaris Images」メンバー。
東日本大震災では長く現地取材を継続し、2012年には「東日本大震災記録写真展『日本!天晴れ!』」を5ヶ月半にわたって東京で開催。
著書に、元ハンセン病患者を長期取材した「生きるって、楽しくって」(2012年、クラッセ)、児童書「きみ江さん:ハンセン病を生きて」(2015年、偕成社)、「中国(世界のともだち)」(2015年、偕成社)など。

ph_port

170518_07_hyou

知らないことを知るのって、気持ちいい!

やさしい文章とわかりやすいビジュアルで、お子さんの「ふしぎ」「どうして?」にこたえる、科学記事や生活体験記事がいっぱい。豪華なふろくと連動した記事で、楽しく遊びながら学ぶことができます。ドラえもんと勉強できる学習別冊「こくごさんすう まいにちドリル」も充実。1年生は、自分で本を読む楽しさに触れる時期です。『小学一年生』で、知らないことを知る気持ちよさを覚えて、本好きな子になってください!