『小学一年生』は「本のおもしろさを伝える雑誌」であり続けます -編集長より

編集長・モデル2人と

2017年2月1日に、『小学一年生』3月号が発売になりました。今年度の小1のお子さんたちに向けた『小学一年生』の最終号です。

3月号まで『小学一年生』をご愛読くださった皆さん、ありがとうございました。

『小学一年生』は、6歳、7歳のお子さんが読む雑誌として、平易な文章とわかりやすいビジュアルを使って、単に「勉強」だけでない、幅広い知識をお届けしています。

読者のみなさんからも、そういった点を高く評価していただけていたと思います。

今年読んでくださったみなさんはこれで進級しますが、『小学一年生』は来年度からも、1年生が楽しくさまざまな知識にふれて、本のおもしろさを体験する雑誌として、その路線をより強化して邁進していきます。

『小学一年生』で本のおもしろさを知った子どもたちが、これからもたくさんの本に触れて、知識と想像力を豊かにしていってくださるなら、嬉しく思います。

『小学一年生』編集長・渡辺朗典

【関連記事】

『小学一年生』は無くならないのか? 編集長から皆さまへ

知らないことを知るのって、気持ちいい!

やさしい文章とわかりやすいビジュアルで、お子さんの「ふしぎ」「どうして?」にこたえる、科学記事や生活体験記事がいっぱい。豪華なふろくと連動した記事で、楽しく遊びながら学ぶことができます。ドラえもんと勉強できる学習別冊「こくごさんすう まいにちドリル」も充実。1年生は、自分で本を読む楽しさに触れる時期です。『小学一年生』で、知らないことを知る気持ちよさを覚えて、本好きな子になってください!