アニメで楽しむ!まつむらまい作『わがまま みならい サンタのタンタ』

「小学一年生」の巻頭付録、ぴっかぴかえほんミニ。

てのひらサイズのミニえほんは、お子さんの一人読みにもぴったりで、毎月好評をいただいています。

ミニ絵本1701サンタ

「小学一年生」1月号(2016年11月29日頃発売)では、まつむらまい作のミニ絵本『わがまま みならい サンタのタンタ』がついています。

みならいサンタのタンタはクリスマス前になにやら新しい修行を始めたようですが・・・

ぶじにプレゼントをお届けできるのでしょうか?

声に出して読みたい、かわいくて楽しい物語です。

↓↓絵本のアニメーションはコチラ↓↓

作者のまつむらまいさんは、光と色彩あふれる作品で注目のアニメーション作家。

「小学一年生」1月号別冊付録HugKumでは、まつむらまいさんのインタビューを掲載しています。今回のミニ絵本、そしてアニメの創作を中心に話をうかがいました。

「ミニ絵本では好きなページを好きなだけ見ていられたり、世界観を想像したりする楽しみがあります。逆に、アニメーションでは流れている時間の中に入り込んで動きや音楽を楽しめるもの。見比べて、絵本とアニメのそれぞれの良さを感じてほしいです。」

親子で楽しめる『わがまま みならい サンタのタンタ』。

是非、お子さんと一緒にご覧になって、絵本とアニメの両方を楽しんでください。

【関連記事】

1月号は付録「妖怪ウォッチ立体迷路」+大特集は「クリスマス・お正月」!

ぴっかぴかえほんのご紹介

知らないことを知るのって、気持ちいい!

やさしい文章とわかりやすいビジュアルで、お子さんの「ふしぎ」「どうして?」にこたえる、科学記事や生活体験記事がいっぱい。豪華なふろくと連動した記事で、楽しく遊びながら学ぶことができます。ドラえもんと勉強できる学習別冊「こくごさんすう まいにちドリル」も充実。1年生は、自分で本を読む楽しさに触れる時期です。『小学一年生』で、知らないことを知る気持ちよさを覚えて、本好きな子になってください!