岡田よしたかの絵本『たのしいひっこし』

tanosii

超豪華な絵本作家たちが『小学一年生』のために描き下ろした珠玉の作品たちを単行本化する「ぴっかぴかえほん」シリーズ

banner_700_150_pikkapikaehon

大好評発売中の『たのしいひっこし』は、引っ越した町で出会うユニークな住人たちとのお話です。

淡々とした分かりやすい構成ながらも、ページをめくるたびに、物語が予想もしていなかった展開へと転がっていき爆笑を誘います。

知らない町をお散歩するのが楽しみになりそうな物語、ぜひ、お手にとってご覧ください。

試し読みをする

購入する

【『たのしいひっこし』のあらすじ】

新しい町へ引っ越してきたはるおは、どんな町かなと散歩に出かけます。

「こんど ひっこしてきた はるおと いいます。よろしくね」

あいさつした住人は、犬!?ネコ!? さらにかれらが紹介してくれた友達はシマウマに憧れるシロウマで・・・・・・?
ページをめくるたびに、「うわっ」とビックリ!ニヤニヤ笑えます。

ISBN:9784097266624

定価:本体1,300円+税

【インタビュー記事】okada02

「おもしろい」そう感じてもらえれば十分 岡田よしたかさん【絵本作家インタビュー】

【編集担当者のコメント】

奇想天外な物語がだんだんとエスカレートしていって、とある住人と一緒に、ぼくの町を見下ろすシーンは必見!

岡田よしたかワールドが炸裂した楽しい絵本です。

住み慣れた町もいいけれど、新しい町も楽しいかも、と思えてきますよ。

banner_700_150_pikkapikaehon

170416_sho1_hyo01

知らないことを知るのって、気持ちいい!

やさしい文章とわかりやすいビジュアルで、お子さんの「ふしぎ」「どうして?」にこたえる、科学記事や生活体験記事がいっぱい。豪華なふろくと連動した記事で、楽しく遊びながら学ぶことができます。ドラえもんと勉強できる学習別冊「こくごさんすう まいにちドリル」も充実。1年生は、自分で本を読む楽しさに触れる時期です。『小学一年生』で、知らないことを知る気持ちよさを覚えて、本好きな子になってください!