アリになった気分で楽しんでください! 栗林 慧さん【絵本作家インタビュー】

020-21小一8月別冊.indd

絵本『アリのたんけん』(2016年6月30日発売)は、まるで自分がアリになったかのような視点を味わえる写真絵本。

昆虫写真家・栗林慧さんの自然への愛情と、撮影の工夫を伺ってきました。

アリのたんけんカバー+オビ02

購入するボタン

ぴっかぴか絵本シリーズ
『アリのたんけん』
栗林慧:写真
小学館・刊

詳細は、こちらのページをご覧ください

banner_700_150_pikkapikaehon

■自然のなかで遊びまわった子ども時代

今、長崎県の平戸に住んでいるんですが、ここは僕が3歳から小学校4年生まで育ったところなんです。

小学校から家までは、野越え山越えで4㎞ほど。普通に歩くと1時間ぐらいですが、僕は帰るまでに3~4時間かかってました。

道草食って遊びまわっていたんです。

そうやって自然のなかでいろいろ発見したり経験したりするうち、昆虫のふしぎに触れたんです。

ある日、虫好きな子がカラタチの藪にしゃがんで何かを棒でつついてる。見ると糸で枝にひっかかっていて、ときどき動いている。

それは、アゲハのさなぎだったんですね。でもそのときは、何だかわからなかった。それでしばらくしてまた通りかかったら、それが抜け殻になっていて、そばに大きなチョウがとまっていたんです。

子ども心に「ここから抜け出したんだ!」ってわかって、昆虫というのはふしぎな生き物だ、と思ったのを覚えています。

それからはとにかく虫を追っかけまわしてました。親には「虫ばっかり追いかけてないで勉強しろ」って言われましたけどね(笑)。

■誰も撮っていないアリの写真を撮りたくて、カメラを開発

僕は虫をおもしろいと思うけど、世の中には虫が嫌いな人が圧倒的に多いんですね。

でもなんとか興味を持ってもらいたい。そんな写真を撮りたいと思っています。

最初に本格的に撮ったのはアリです。アリというのは、とても社会的な生き物で、人間と同じように家族を構成しているんです。

『ファーブル昆虫記』をはじめ、世界中の自然観察をする人達が「アリはおもしろい」って文章では書いているのに、アリを撮っているカメラマンは誰もいなかった。そこで、アリを撮れるカメラを開発したんです。

世の中になかったから自分でつくりました。 その後も、虫を撮るためのカメラを開発し続けて、今あるのが「アリの目カメラ」です。

レンズを特注したり自分で工作したりして、20年ぐらいかけて完成させました。

カメラって普通は、近くの小さいものを撮ると背景はピントがボケちゃうんですが、このカメラは虫も背景もボケないんです。

今回の絵本の写真も、多くはこのカメラで撮ったものです。本当に自分がアリになったような気分を味わえるでしょう?

■命あるものに興味を持つことによって感情も豊かになる

昆虫は言うことを聞いてくれないから、昆虫の動きに合わせて、カメラのほうを動かさないといけないことが多いです。

でもずっと昆虫を見てきたから、「このバッタはもうすぐ跳ぶぞ」とか見当がつくんです。

それに今いる平戸に住んで30年以上になるので、どの季節にどこに行けばどんな昆虫がいるのかもわかっている。だから撮影はスムーズですよ。

今回の絵本を観て、お子さんが昆虫に興味を持ったら、お母さん方はどうか「虫なんて気持ち悪い」とか言わないで、やさしく見守ってあげてください。

命あるものに興味を持つこと、そういったものに触れる経験は大事だと思います。それによって感情も豊かになると思いますよ。

020-21小一8月別冊.indd

▲撮影に使われたアリの目カメラは、医療用の内視鏡を改造したもの。先端の直径は約1cmと極小なので、近づいても虫が逃げない。

(写真/林紘輝 取材・文/仲瀬葉子)

020-21小一8月別冊.indd

Profile•くりばやし さとし

1939年、中国大陸生まれ。中学生の頃から写真に興味を持ち、カメラを自作。1969年より生物生態写真家として本格的に活動を開始する。独創的なカメラと撮影システムで、さまざまな昆虫や自然の斬新な写真や動画を発表してきた。2006年には〝科学写真のノーベル賞〟と呼ばれる「レナート・ニルソン賞」を受賞。他受賞多数。

【絵本作家インタビュー】一覧

banner_700_150_pikkapikaehon

知らないことを知るのって、気持ちいい!

やさしい文章とわかりやすいビジュアルで、お子さんの「ふしぎ」「どうして?」にこたえる、科学記事や生活体験記事がいっぱい。豪華なふろくと連動した記事で、楽しく遊びながら学ぶことができます。ドラえもんと勉強できる学習別冊「こくごさんすう まいにちドリル」も充実。1年生は、自分で本を読む楽しさに触れる時期です。『小学一年生』で、知らないことを知る気持ちよさを覚えて、本好きな子になってください!