【付録お楽しみアイデア】すみっコぐらし サマーバッグ活用法2つ

サマーバッグ 葵ちゃん
大好評発売中の『小学一年生』7月号付録・すみっコぐらし サマーバッグ。
゚+.(・∀・).+゚.。oO(みなさんもちろん持ってますよね?持ってない方は今すぐ書店へ!)

B4サイズまでラクラク入る大きなバッグ。クリア素材が夏にぴったりですね!

…でも、クリア素材のバッグって、中身が見えるのが気になりませんか?

「気になる〜!」と思った親御さんにぴったりの、すみっコぐらし サマーバッグをもっと楽しむためのアイデアをご紹介します。

1.バッグインバッグで目隠し×オシャレに★

夏バッグ全体

大きなバッグだから、なんでもガシガシ入れて使いたい。
中身が見えないように、付録のすみっコぐらし サマーバッグより、すこし小さめのトートバッグを入れるアイデア。

りぼんで

ズレないように、持ち手の部分はリボンで留めています。
留め具として、お気に入りの缶バッジを使ってもいいですね。

すみっこ_4579

マチのクリア部分にも一工夫。
サマーバッグにぴったりの、夏のお花を入れてみましょう。
中に入れたカバンに、両面テープなどでつけていくだけの、お子さんでもできる簡単デコ。
バッグが二重になっているから、テープが剥がれても安心!

ぬいぐるみ

お気に入りのぬいぐるみを入れるのもオススメです。
汚したくない・落としたくない物だって、透明バッグだから見せながら飾ることができるんです。
あなたはどんなものを入れますか?

2.巾着でもっと楽チン!

きんちゃく1 きんちゃく3

もっと簡単にオシャレに使いたい、という方にオススメなのは、巾着を入れたアレンジ。
ビニール素材の巾着袋は、100円均一などで安く手に入れることができます。
プールに行く時の下着入れなど、目隠しにもぴったりです。
ポンポン入れてもさまになる、お手軽なアレンジ。

ふろくをプチアレンジでもっと楽しく!

ふろくは自分のアイデアを付け足すと、もっと素敵に使える魔法のアイテム★
ここに提案した他にも、色々使えるバッグとして楽しんで使ってくださいね。
うちでは付録をこんな風に使っているよ、というレポートや「こんな付録が欲しい!」というリクエストがあったら、ぜひ『小学一年生』編集部に教えてくださいね。
(ライター/佐藤春華)

知らないことを知るのって、気持ちいい!

やさしい文章とわかりやすいビジュアルで、お子さんの「ふしぎ」「どうして?」にこたえる、科学記事や生活体験記事がいっぱい。豪華なふろくと連動した記事で、楽しく遊びながら学ぶことができます。ドラえもんと勉強できる学習別冊「こくごさんすう まいにちドリル」も充実。1年生は、自分で本を読む楽しさに触れる時期です。『小学一年生』で、知らないことを知る気持ちよさを覚えて、本好きな子になってください!