飯野和好の絵本『ざしきわらしのおとちゃん』

oto1223-1

超豪華な絵本作家たちが『小学一年生』のために描き下ろした珠玉の作品たちを単行本化する「ぴっかぴかえほん」シリーズ

banner_700_150_pikkapikaehon

現在大好評発売中の『ざしきわらしのおとちゃん』は春の里山のお話です。

家の守り神、ざしきわらしの仕事とは?

試し読みをする

購入する

【『ざしきわらしのおとちゃん』の あらすじ】

里山の一軒家にすみつく、ざしきわらしのおとちゃん。

今はだれも住んでいない空き家だけれど、新しい家族が引っ越してくることになり、ちょっとそわそわ。

家の守り神になってぴかぴかにするんだって。

おとちゃんのことはないしょだよ……?

ISBN:9784097266242
定価:本体1,300円+税

【動画】

【インタビュー記事】

020-21小一6月別冊.indd

絵本を通じて、土に触れ、自然のにおいをかぐ体験を【絵本作家インタビュー】飯野和好さん

【編集担当者のコメント】

春の音や香りがいっぱいつまった気持ちのいい作品。

思わず深呼吸したくなる心地のいい絵本です。

ひなたぼっこしながら読みたいです。

banner_700_150_pikkapikaehon

170416_sho1_hyo01

知らないことを知るのって、気持ちいい!

やさしい文章とわかりやすいビジュアルで、お子さんの「ふしぎ」「どうして?」にこたえる、科学記事や生活体験記事がいっぱい。豪華なふろくと連動した記事で、楽しく遊びながら学ぶことができます。ドラえもんと勉強できる学習別冊「こくごさんすう まいにちドリル」も充実。1年生は、自分で本を読む楽しさに触れる時期です。『小学一年生』で、知らないことを知る気持ちよさを覚えて、本好きな子になってください!