あべ弘士の新作絵本『カワセミとヒバリとヨタカ』

カワセミカバー入稿

超豪華な絵本作家たちが『小学一年生』のために描き下ろした珠玉の作品たちを単行本化する「ぴっかぴかえほん」シリーズ

ぴっかぴかえほん

その新たな一冊が、2016年4月29日に発売となりました。

講談社出版文化賞絵本賞を受賞した『あらしのよるに』など多くの著書で知られる、あべ弘士先生の『カワセミとヒバリとヨタカ』です。

川に飛び込んで魚を捕るのが得意な「カワセミ」と、飛びながら虫を捕まえるのが上手な「ヨタカ」。

そんな2羽の真似をしようと「ヒバリ」がとった行いは果たして…。

試し読みをする

購入する

あべ弘士先生は、25年間、旭山動物園に飼育員として勤務し、その後退職して、絵本作家になりました。

そんな自然に対する知識と愛情に裏打ちされているからこその、リアルな生態を踏まえた動物寓話となっています。

ぜひお手にとってください。

ISBN:9784097266457
定価:本体1,300円+税

【インタビュー記事】

022-23小一7月別冊.indd

【絵本作家インタビュー】あべ弘士さん:記憶の宝箱から生み出す動物寓話を描きたい

【編集担当者のコメント】

研ぎ澄まされたシンプルな絵と文が、なんとも味わい深く胸に染みこみます。

動物のことを知ると同時に、人間の哲学にも通じるメッセージが込められている絵本です。

ぴっかぴかえほん

1708_hyoshi

知らないことを知るのって、気持ちいい!

やさしい文章とわかりやすいビジュアルで、お子さんの「ふしぎ」「どうして?」にこたえる、科学記事や生活体験記事がいっぱい。豪華なふろくと連動した記事で、楽しく遊びながら学ぶことができます。ドラえもんと勉強できる学習別冊「こくごさんすう まいにちドリル」も充実。1年生は、自分で本を読む楽しさに触れる時期です。『小学一年生』で、知らないことを知る気持ちよさを覚えて、本好きな子になってください!