入学時期が重要!小1の「交通安全」対策3つのルール

小学館の学習雑誌『小学一年生』つかさ

小学校の新入学にともなって、登下校など子どもだけでの行動が増えますね。通学路の下見や交通ルールのチェックは済んでいますか。

小学館の学習雑誌『小学一年生』の保護者向け別冊『HugKum』では、新1年生が気を付けたい交通安全のポイントを、セコム株式会社 IS研究所主務研究員の舟生岳夫さんに詳しくうかがっています。

そのなかから、子どもがより安全&安心な毎日を過ごせるように、親子で話し合っておきたいポイントを取り上げてみます。

■3つの言葉でルールを確認

おうちの方が送り迎えしていた幼稚園・保育園と違い、入学後は交差点を渡るのも子どもだけ。子どもの交通事故は、安全確認を徹底することでリスクを減らすことができます。

安全確認を習慣づけるためにも、わかりやすい3つの言葉で子どもに注意ポイントを教えましょう。

1.立ち止まる

信号機があってもなくても、横断する前は立ち止まる。

2.よく見る

左右をよく見て、車や自転車が来ないか確認する。

3.無理しない

信号が変わりそうなときは、無理せず待つ。

警視庁のレポートによると、1年生の事故は「歩行中」に多く発生しているそうです。原因の多くは、「子どもの飛び出し」によるもの。

女の子より動きが活発な男の子のほうが、2倍以上も発生件数が多いそうなので、男の子は特に注意したいですね。

また、事故の半数は「自宅から500m以内の場所」で起きているので、よく知る近所の道でも注意が必要です。

小学館の学習雑誌『小学一年生』4月号の保護者向け別冊『HugKum』では、交通安全に加え、子どもの防犯対策についても詳しく解説しています。

お子さんの事故や事件を未然に防ぐためにも、早めにぜひチェックしてみてくださいね。

(ライター/香川妙美)

知らないことを知るのって、気持ちいい!

やさしい文章とわかりやすいビジュアルで、お子さんの「ふしぎ」「どうして?」にこたえる、科学記事や生活体験記事がいっぱい。豪華なふろくと連動した記事で、楽しく遊びながら学ぶことができます。ドラえもんと勉強できる学習別冊「こくごさんすう まいにちドリル」も充実。1年生は、自分で本を読む楽しさに触れる時期です。『小学一年生』で、知らないことを知る気持ちよさを覚えて、本好きな子になってください!