入学前に身につけたい!小学校でつまずかないための「勉強以前の基礎」5つ

自宅学習・小学生

小学校に入学するとすぐに授業が始まります。1年生ではいきなり難しいことはしませんが、事前に準備しておくと授業に抵抗なく入っていけます。

ここでは、「入学前にできていると望ましい、授業のための5つの基礎」を紹介します。

教育委員会に長年勤務し、千葉市立小学校などの校長を歴任後、現在は「楽しい学級・学校づくり研究会」の会長を務める深浦喜久雄先生にうかがいました。

■授業のための基礎・チェック項目5つ

子どもが小学校での学習をスムーズにスタートできるように、下記5つの基礎ができているか、親子で確認しておきましょう。

1.自分の名前が読めて、書ける

2.40くらいまでの数字が読めて、数えられる

3.鉛筆を正しく持てる

4.人の話を最後まで聞ける

5.本に親しんでいる

以上5つが、小学校入学までに子どもが身につけておきたい「授業のための基礎」です。

お子さんはいくつできてますか? 先どり学習を意識している親御さんもいるかもしれませんが、まずは、「人の話を最後まで聞ける」「本に親しんでいる」といった基本的なことが大事なのですね。

授業では、先生や他の児童の発言を聞く、教科書をしっかり読む、といったことが大事ですから、注意したいポイントですね。

できてないことは、今から、しっかり準備をしておけると望ましいですね。

小学館の学習雑誌『小学一年生』4月号の保護者向け別冊『HugKum』では、上記5つについて、詳しく解説しています。「生活の中で、どのように身につけていけばいいか」についても紹介しています。是非ご覧ください。

また、『小学一年生』の本誌には、楽しみながら役に立つ記事がたくさん入っています。お子さんが自発的に本に親しむ機会を作るためにも最適ですので、ご活用ください。

【こちらのページもオススメです】

まいにちドリル・年間カリキュラム2016年度

うちの子、何個できてる?入学までに身につけておきたい「8つの習慣」

モデル/渡邊 杏奈ちゃんとママ 撮影/タナカヨシトモ

知らないことを知るのって、気持ちいい!

やさしい文章とわかりやすいビジュアルで、お子さんの「ふしぎ」「どうして?」にこたえる、科学記事や生活体験記事がいっぱい。豪華なふろくと連動した記事で、楽しく遊びながら学ぶことができます。ドラえもんと勉強できる学習別冊「こくごさんすう まいにちドリル」も充実。1年生は、自分で本を読む楽しさに触れる時期です。『小学一年生』で、知らないことを知る気持ちよさを覚えて、本好きな子になってください!