「まいにちドリル」(『小学一年生』学習別冊付録)2017年11月号のポイント

小学館の学習雑誌『小学一年生』に毎月ついてくる、別冊ドリル「ドラえもんと たのしく べんきょう! はじめてドラゼミ まいにちドリル」は、小学館グループの通信添削ドラゼミが監修しています。

ドラえもんやのび太くんたちが登場するので、小1のお子さん一人でも楽しく学べる学習付録です。

1日に1ページずつ学習を進めましょう。

「まいにちドリル」2017年11月号のポイント

こくご

1 対で覚えたい漢字を練習します。

今月号では、「入・出」「左・右」など、対で覚えたい漢字を練習します。「左」と「右」の書き始めの画が違うことに注意しましょう。

また、「上」「下」は読み方がいろいろあります。前後の文や熟語、送りがなによって読み分けができるように練習しましょう。

2 説明文に取り組みましょう。

今月は、説明文の読み取りをします。文章をよく読んで、大切だと思う箇所に線を引くと、問題に答えやすくなります。

問題文に「ぬき出してかこう」と書かれている場合は、自分の言葉で書くのではなく、問題の文章からそのまま書き抜いて答えるようにしましょう。何を聞かれているのか、問題文もしっかり読みましょう。

3 理由を書く練習をします。

今月の作文ページでは、2つのものを比較し、どちらが好きかを決め、その理由を書く練習をします。理由を書く練習を積み重ねていくと、説得力のある作文が書けるようになります。

また、なぜ好きなのかじっくり考えることは、自分を客観的に見つめていくきっかけにもなります。

さんすう

1 3つの数の計算をしましょう。

3つの数をたしたり、ひいたりする練習をします。原則として左から順に計算していくことがポイントです。

文章題から式を立てる問題では、短いお話を読むつもりで状況をイメージし、図や絵で表してみると数の変化が理解しやすくなります。

2 くり上がりのたし算が始まります。

くり上がりのたし算は、(1)たされる数は、あとAで10になると考える (2)たす数をAとあまりのBに分ける (3)たされる数+A=10 (4)10にあまりのBをたして答える、という手順で行います。

たす数の分解がスムーズにできると計算が速くなります。2つの数を見て、1問あたり5秒以内で答えが出せるようになることを目標にしましょう。

【関連記事】

【速報】スポーツ付録「ふうせんテニス」+特集「うんこ先生」『小学一年生』11月号
↑画像をクリックすると、別ウィンドウで開きます。 小学館の学習雑誌『小学一年生』2017年11月号 2017年9月30日(土)ご...

「まいにちドリル」の使い方と特徴

●1年生の学習内容をドラえもんといっしょに学べる

1日に1ページずつ学習を進めましょう。ドラえもんやのび太くんたちが登場するので、小1のお子さん一人でも楽しく学べます。

●基本問題プラスαの学習ができる

国語、算数の基本問題に加えて、小学館グループの通信添削ドラゼミの特長でもある「言葉」「作文」「図形」の学習に触れていただくことができます。これらのページも1日の学習として取り組みましょう。

知らないことを知るのって、気持ちいい!

やさしい文章とわかりやすいビジュアルで、お子さんの「ふしぎ」「どうして?」にこたえる、科学記事や生活体験記事がいっぱい。豪華なふろくと連動した記事で、楽しく遊びながら学ぶことができます。ドラえもんと勉強できる学習別冊「こくごさんすう まいにちドリル」も充実。1年生は、自分で本を読む楽しさに触れる時期です。『小学一年生』で、知らないことを知る気持ちよさを覚えて、本好きな子になってください!