「才能があることだけでは力にならない」石田衣良先生から受賞者へ :第11回12歳の文学賞・贈賞式

小学生限定の新人公募文学賞「12歳の文学賞」は、12歳(12回目)を迎える今回が、最後の募集です。

2016年に作品を募集し、2017年3月に受賞者が決まった第11回12歳の文学賞」の贈賞式は、2017年3月30日に、各賞の受賞者6名と保護者のみなさん、審査員が集まって開催されました。

贈賞式は、あさのあつこ先生の審査経過報告、各賞の発表と審査員の先生たちの選評、そして個性あふれる受賞者の挨拶と進みました。

そして、最後に作家の石田衣良先生が、“大人の本音”として受賞者にメッセージをおくりました。その内容をご紹介します。

才能あふれる子どもたちが集結! 「第11回12歳の文学賞」贈賞式レポート
小学生限定の新人公募文学賞「12歳の文学賞」は、いよいよ12歳(12回目)となり、最後の募集となりました。 毎回、才能あふれる子どもた...

実は“才能”とは、足がちょっと早い、くらいの意味しかない

皆さんのとてもいい挨拶が続いたので、最後にちょっと大人の本音ベースの話をします。今日は“才能”という言葉がたくさん飛び交いましたが、実は才能とは、なんでもないです。足がちょっと早い、くらいの意味しかありません。

その証拠に大人の小説の世界では、才能のない人がたくさん活躍しています。

本を読む習慣を身につけると役に立つ

もちろん小説を書くことは素晴らしいのですが、実質的にこれから生きていく上では、本を読む習慣を身につけておいた方がずっと役に立つと思います。

各国の調査ではっきりしているのですが、1年間に本を読む冊数とその家の収入はきれいに相関関係を描きます。皆さんは書くだけでなく、たくさん本を読んでいると思いますが、それをこれからもずっと続けていってください。

大学生の半分が今、読書時間がゼロです。皆さんが今のまま読み続けて中学校を卒業する頃には、その半分の大学生よりはずっと賢くなり、多くの情報を持ち、いい文章を書けるようになっているはずです。

普通の小学生がすることをちゃんとして、それからゆっくり書いてほしい

小説は無理やり書くことはないです。書くことの中でいろんなことができていってしまうので、書いているうちに自分がそれを生きた気になってしまう。大人の小説の世界でも書くことはいっぱいあるけれど、自分の人生は貧乏な人ってたくさんいます。

今日の受賞者のみんなには、生きることを楽しんで、普通の小学生がすることをちゃんとしてほしい。友達を作ったり、家族と旅行に出かけたり、そういうことを積み重ねた上でゆっくりと書くようにしていってください。

成長が早いことは必ずしもいいことではありません。頭がいいことも才能があることもそれだけでは力にはなりません。自分がいつ本気を出す時が来るのか、それをゆっくり考えながら小学生のうちは頑張っていってもらえると嬉しいです。

「実は才能とは、なんでもない」それより「生きることを楽しんで、普通の小学生がすることをちゃんとしてほしい」という石田先生。受賞者たちだけでなく、すべての小学生たちに伝えたいことばです。

受賞者のコメント、審査員の選評、あさのあつこ先生のメッセージもぜひお読みください。

*受賞者の挨拶

うまくいかない現実が作品を面白くしてくれた :第11回12歳の文学賞・贈賞式 受賞者の挨拶
   小学生限定の新人公募文学賞「12歳の文学賞」は、12歳(12回目)を迎える今回が、最後の募集です。 2016年に作品を募集し、20...

*審査員の選評

生涯にひとつ書けるか書けないかの傑作! 受賞作品へ審査員の選評:第11回12歳の文学賞・贈賞式
小学生限定の新人公募文学賞「12歳の文学賞」。12歳(12回目)を迎える今回が、最後の募集です。2016年に作品を募集した「第11回1...

*あさのあつこ先生のメッセージ

「こうきたか!と驚いた」あさのあつこ先生が審査経過を語る 第11回12歳の文学賞・贈賞式
小学生限定の新人公募文学賞「12歳の文学賞」は、12歳(12回目)を迎える今回が、最後の募集です。 2016年に作品を募集し、2017...

【関連記事】

第12回 12歳の文学賞 
第12回、最後の募集です。 2006年に始まった「12歳の文学賞」も”12歳”を迎えました。 小学校を卒業する”12歳”を迎えられた...
石田衣良先生からメッセージ 12歳の文学賞・審査員
「12歳の文学賞」が「12歳」をむかえるにあたり 子どもたちの問題は大人の社会を映す鏡だとよく言われます。「12歳の文学賞」の作品もそ...
AI時代にも通用する子どもの育て方 直木賞受賞作家・石田衣良さん
テレビドラマ化もされた『池袋ウエストゲートパーク』で1997年にデビューを飾って以降、社会現象を取り入れながら描かれるさまざ...