「こうきたか!と驚いた」あさのあつこ先生が審査経過を語る 第11回12歳の文学賞・贈賞式

小学生限定の新人公募文学賞「12歳の文学賞」は、12歳(12回目)を迎える今回が、最後の募集です。

2016年に作品を募集し、2017年3月に受賞者が決まった「第11回12歳の文学賞」の贈賞式は、2017年3月30日に、各賞の受賞者6名と保護者のみなさん、審査員が集まって開催されました。

贈賞式は、あさのあつこ先生の審査経過報告、各賞の発表と審査員の先生たちの各作品に対する選評、受賞した子どもたちの挨拶、そして石田衣良先生から受賞者へのメッセージなどで、大いに盛り上がりました。その様子はこちらでご紹介しています。

才能あふれる子どもたちが集結! 「第11回12歳の文学賞」贈賞式レポート
小学生限定の新人公募文学賞「12歳の文学賞」は、いよいよ12歳(12回目)となり、最後の募集となりました。 毎回、才能あふれる子どもた...

ここでは、作家のあさのあつこ先生が審査員を代表して行った審査経過報告の全文をご紹介します。

今回ほど個性的な作品がそろったのは初めて!

今日はみなさんにお会いできるのを楽しみにやって来ました。

第1回から審査に関わらせていただいていますが、今回ほど個性的な作品がそろったのは初めてだと思います。すぐれた作品はこれまでもたくさんありましたが、今回はどの受賞作にも、“こうきたか!”と驚かせてくれる個性がありました。

個性は、ものを書く上でとても大切な要素です。そんなみなさんの作品を読み、感心し感動もしました。

読み終わったら幸せな気持ちになった 大賞受賞作品

大賞「天敵の攻略法」は、いろんなことがいっぱいつまった作品で読んでいてとても楽しかった。

ライバル同士を描いた物語はたくさんありましたが、この作品は先生と生徒、大人と子どもをライバルにするという、目の付け所がすごい! なおかつ文章がしっかりしていて、駅伝というモチーフもうまく取り入れていました。

友情物語であり、スポーツ物語でもあり、さらにユーモアも加わった素晴らしい作品でした。読み終わったら幸せな気持ちになりました。

作品について喋りたくなる要素がたくさん 優秀賞作品

また、今回、優秀賞が2つ出ました。この2作を選ぶにあたり、審査員の間でいろんな話をたくさんしました。つまり、2作品には読み手が作品について喋りたくなる要素がいっぱいあるんです。

まず、「ヒナステラのクラシック」。実にシュールな作品で、冒頭、天井から象が落ちてくるんです。この象とは何なのか、象から逃げようとする僕の存在とは何なのか。ヒナステラのクラシックの意味するものは何なのか。読んだあとに何度も考えさせられました。

こちら側を穴の中に引っ張り込むような不思議な作品で、もう1作の「ワライクエスト」は逆に解放してくれる、こちら側を空に放り投げるような力がある作品でした。

19歳の主人公が漫才師をめざす物語なのですが、リズムのいい素敵な文章で書いてあり、笑って泣かせてくれました。いずれも並々ならぬ力を感じさせてくれた3作品でした。

各審査員賞についても、審査会でいっぱい話が出ました。ひとつひとつの作品がどれも違っていて、楽しかったですし、考えさせられました。本当にみなさんの素晴らしい才能をしみじみと感じた審査会でした。

大賞、優秀賞それぞれの作品について、とても丁寧に、踏み込んだコメントをしてくださった、あさのあつこ先生。審査員の先生たちが、本気で作品と向き合って選考を行っていることがよくわかりました。

受賞者のコメント、審査員の選評、石田衣良先生のメッセージもぜひお読みください。

*受賞者の挨拶

うまくいかない現実が作品を面白くしてくれた :第11回12歳の文学賞・贈賞式 受賞者の挨拶
   小学生限定の新人公募文学賞「12歳の文学賞」は、12歳(12回目)を迎える今回が、最後の募集です。 2016年に作品を募集し、20...

*審査員の選評

生涯にひとつ書けるか書けないかの傑作! 受賞作品へ審査員の選評:第11回12歳の文学賞・贈賞式
小学生限定の新人公募文学賞「12歳の文学賞」。12歳(12回目)を迎える今回が、最後の募集です。2016年に作品を募集した「第11回1...

*石田衣良先生のメッセージ

「才能があることだけでは力にならない」石田衣良先生から受賞者へ :第11回12歳の文学賞・贈賞式
小学生限定の新人公募文学賞「12歳の文学賞」は、12歳(12回目)を迎える今回が、最後の募集です。 2016年に作品を募集し、2017...

【関連記事】

第12回 12歳の文学賞 
第12回、最後の募集です。 2006年に始まった「12歳の文学賞」も”12歳”を迎えました。 小学校を卒業する”12歳”を迎えられた...
あさのあつこ先生からメッセージ 12歳の文学賞・審査員
「12歳の文学賞」が「12歳」をむかえるにあたり 第一回から審査員をさせてもらっていますが、当初、「小学生がこんなに上手く小説を書ける...
共働きで厳格だった両親 漫画のおもしろさに支えられた、あさのあつこさんの子ども時代
野球に打ち込む少年たちを描いた大ヒット作品『バッテリー』をはじめ、思春期の子どもたちを鮮やかに描き出す小説家のあさの...
大ヒット小説『バッテリー』著者・あさのあつこさん 大人の世界に忍び込んだ小1時代のゾクゾク感
野球に打ち込む少年たちを描いた大ヒット作品『バッテリー』をはじめ、思春期の子どもたちを鮮やかに描き出す小説家のあさのあつこさ...