アンキパンメーカー(『小学一年生』付録)おえかき実験【五十嵐美樹さん科学実験】

子ども向け実験教室を全国各地で実施している「かがくの おねえさん」こと、サイエンス・エデュテイナーの五十嵐美樹さんが、小学館の学習雑誌『小学一年生』2017年10月号付録「アンキパンメーカー」を活用した科学実験を紹介します。

ぜひ親子でチャレンジしてみてくださいね。

■食パンにオリジナルの模様をつけよう♪

●実験内容

『小学一年生』10月号の付録「アンキパンメーカー」を使うと、食パンにスタンプの模様をつけることができます。さらに、一工夫を加えることで、オリジナルの模様をえがくことができます。ふしぎなおえかき実験をしてみましょう。

●実験のまとめ方

焼き上がるまえのおえかきの手順や食パン写真をまとめ、焼き上がったあとの食パンの写真とくらべて、どのような変化があったか調べてみましょう。

スタンプを使うときや、おえかきのときに工夫したところも、まとめてみるのもオススメです。

●用意するもの

『小学一年生』10月号の付録「アンキパンメーカー」
食パン、トースター、
コップ、水、筆や綿棒
※食パンから油が出ることがあるので、クッキングシートや紙などを下にひくことをオススメします。

■実験の進め方

■「アンキパンメーカー」で食パンに模様をつける

食パンを平らな場所におき、『小学一年生』10月号の付録「アンキパンメーカー」を上からぎゅっと押します。

■水で食パンに模様を描く

筆や綿棒の先を水につけて、ポンポン優しく叩きながら食パンに模様をつけていきます。焼くまえは見えづらいので、水をつけたところをおぼえながら進めるのがオススメです。

■オーブンで食パンを焼く

オーブンで薄茶色に焦げ目がつくまで焼きましょう。

「アンキパンメーカー」と水で描いた模様を組み合わせた、オリジナルのデザインが完成しました。

オーブンから取り出したあとの食パンはあついので、やけどをしないように気をつけてくださいね。

■実験後、お子さんと話してみましょう

●「どうして水をつけたところに、もようがうかびあがるの?」

食パンに水をつけると、何もしていないところに比べて熱が伝わりづらくなります。

熱が伝わりづらい部分は、焼けるのが遅くなるので、模様が浮かびあがるのです。

実験の後は、みんなでおいしくいただきましょう!

【関連記事】

【夏休み科学実験】『小学一年生』9月号付録「トコトコ ドラえもん」で自由研究!
小学館の学習雑誌『小学一年生』は、夏休みの自由研究にもピッタリです。今回は、『小学一年生』9月号付録「手まわし はつでん トコトコド...
付録はドラえもん「アンキパン」!?+6年間使える漢字別冊!『小学一年生』10月号
小学館の学習雑誌『小学一年生』 2017年10月号 2017年8月31日ごろ発売 定価980円(税込) 小学一...

監修/五十嵐美樹 モデル/田中 悠愛ちゃん 撮影/大橋賢 ヘアメイク/岡田美砂子

五十嵐美樹さんへお仕事の依頼を検討されている
企業・団体の方はこちらのページをご覧ください。

五十嵐美樹:
いがらし みき。1992年東京都生まれ。上智大学理工学部機能創造理工学科卒業。
物理学を専攻し、高温超伝導体物質の薄膜化の研究を行う。在学時に「ミス理系コンテスト」でグランプリを獲得後、子ども・大人向け実験教室やサイエンスエンタメイベント「サイエンスコラボレーションカフェ」を全国各地で主催。イベントをとおして年間1500名以上に科学実験を教えた経歴を持つ。大企業エンジニア職での経験を活かし、理系女子キャリアイベントの講師としても活動。キャリア支援を積極的に行っている。Great Explorations in Math and Science取得。理系女子未来創造プロジェクト理事。

知らないことを知るのって、気持ちいい!

やさしい文章とわかりやすいビジュアルで、お子さんの「ふしぎ」「どうして?」にこたえる、科学記事や生活体験記事がいっぱい。豪華なふろくと連動した記事で、楽しく遊びながら学ぶことができます。ドラえもんと勉強できる学習別冊「こくごさんすう まいにちドリル」も充実。1年生は、自分で本を読む楽しさに触れる時期です。『小学一年生』で、知らないことを知る気持ちよさを覚えて、本好きな子になってください!